会社の信頼性で選ぶ!

「信託保全」されているかを必ず確認してください。

 

私たちがFX会社の口座に入れているお金が信託銀行に預けられていることを、
信託保全と言います。

 

信託保全が行われていると、万が一、
FX会社が倒産した場合でも信託銀行よりお金が戻ってきます。

 

信託保全されていないFX会社が倒産した時には、お金は戻ってきません。
安心できる安全なFX会社を選んでくださいね。

 

現在は証拠金の信託保全が義務化されたこともあり、
FX会社の安全性はかなり高まっている。

 

FX業者が増えてくると、いろいろなFX業者が混在してきますので、
念のため確認はしておいたほうが良いですよ。

 

また、自己資本規制比率も健全性を確認するうえで大切な指標のひとつです。

 

自己資本規制比率は金融商品取引業者の財務の健全性を表す指標で、
120%以上に保つことが法律で義務づけられています。

 

ちなみに、自己資本規制比率が低くなってきたときには以下のような措置が取られます。
金融庁がしっかりと監視をしてくれているので安心ですね。

 

自己資本規制比率

金融商品取引法等

140%を下回ったとき

金融庁に届出を要する。

120%を下回ったとき

金融庁は、業務の方法の変更を命じ、財産の供託その他監督上必要な事項を命ずることができる。

100%を下回ったとき

金融庁は、3月以内の期間を定めて業務の全部又は一部の停止を命ずることができる。

 

 

 

 

 

 

会社の信頼性で選ぶなら、外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込